2015年12月10日

婚約指輪が持つ意味

こんにちは!
本日2度目の赤塚です(゜▽゜)

結婚指輪に引き続き、婚約指輪の意味もご紹介しちゃいます☆

ご婚約指輪(エンゲージリング)が持つ意味・。*
紀元前1世紀の古代ローマでは、結婚より婚約が重視されていて、その誓いの儀式に鉄の輪を贈ったのが婚約指輪の始まりとも言われています。
ダイヤモンドには「不屈の力」「永遠」の意味があり、ほとんどの婚約指輪に用いられています。
また、地上で最も硬い鉱物のダイヤモンドは固い絆、無色透明な輝きは純粋無垢な心を象徴しているとされ、女性たちの憧れにもなっています。

プロポーズの瞬間は、一生忘れられないとても素敵な瞬間です。
その時に婚約指輪を贈るのは、きちんとけじめをつけた気持ち、けして安くはないものを贈ってくれたことで本当に彼女を大切想う気持ちを伝えられます。
婚約指輪を見るたびに、その素敵な瞬間を思い出し、おふたりの大切な愛の証にしていただきたいです♡

婚約指輪-手作り.JPG

婚約指輪-手作り2.JPG


posted by Yu at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚指輪が持つ意味

おはようございます!
アトリエクラム新潟の赤塚です(^U^)

みなさま、結婚指輪の意味ってご存知でしょうか?
なんとなく、結婚指輪は大切、結婚指輪は必要、、と漠然と思っていらっしゃるかもしれませんが、
こんな深い意味があるんです(*^^*)

ご結婚指輪が持つ意味・。*
結婚式の時に新郎新婦が指輪を交換するのは、夫婦として歩んで行く誓いを形に表すということ。
丸い輪っかの形は「永遠に途切れることのない愛情」を象徴するものとされています。
ですので、ネックレスなどの他のジュエリーではなく、指輪を用いられています。
また、指輪を常に身に付けることで相手の存在を強く感じることができる意味合いがあります。
夫婦の絆を深め、愛が続くようにと祈りが込められているのが結婚指輪なのです。

結婚式-指輪.jpg

だからこそ、【アトリエクラムは世界でたった一つ】にこだわります♡
posted by Yu at 11:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。